現在のページ:  トップページ > 市政情報 > あま市について > あま市のあらまし > あま市の概要

ここから本文です

あま市の概要

更新日 平成27年10月26日

位置・面積

市内風景

 本市は、愛知県の西部に位置し、ほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯となっており、5市(名古屋市、清須市、稲沢市、愛西市、津島市)2町(大治町、蟹江町)に接しています。市域は東西約7.9キロメートル、南北約7.8キロメートルで、面積は27.49平方キロメートルです。
 広大な濃尾平野とそこを流れる河川の恩恵を受けて、近郊農業を中心に発展してきましたが、近年は名古屋市のベッドタウンとしても発展し、人口は約88,000人を擁します。名古屋市の中心部から公共交通機関で約15分という立地条件にありながら、田園風景と住宅地との調和がとれた緑豊かなまちを形成しています。
 

あま市地図
名古屋駅高層ビル群を背景にした田園風景
市内北部を横断する名鉄津島線 名鉄名古屋から約15分

名古屋駅高層ビル群を背景にした田園風景   市内北部を横断する名鉄津島線
名鉄名古屋から約15分
市内に、名鉄津島線の3駅(甚目寺駅、七宝駅、木田駅)があります。青塚駅(津島市)を利用される方もいます
名二環と名鉄津島線 名二環のICは、甚目寺北と甚目寺南です

市内に、名鉄津島線の3駅(甚目寺駅、七宝駅、木田駅)があります
青塚駅(津島市)を利用される方もいます
  市内北部を横断する名鉄津島線
名二環と名鉄津島線
名二環のICは、甚目寺北と甚目寺南です
県道68号名古屋津島線名古屋津島バイパス 名古屋駅から約8~10km 県道79号あま愛西線も便利です
あま市七宝焼アートヴィレッジふれあい広場 飲料水兼用耐震性貯水槽が設置されていたり、ドクターヘリの離着陸場としての機能もあります

県道68号名古屋津島線名古屋津島バイパス
名古屋駅から約8~10km
県道79号あま愛西線も便利です
  あま市七宝焼アートヴィレッジ ふれあい広場
飲料水兼用耐震性貯水槽が設置されていたり、ドクターヘリの離着陸場としての機能もあります
新あま市民病院 平成27年11月5日外来診療開始
青色回転灯を装備した公用車 職員による防犯パトロール活動を実施しています

新あま市民病院
平成27年11月5日外来診療開始
  青色回転灯を装備した公用車
職員による防犯パトロール活動に力を入れています

 

歴史

三重塔

 この地域の歴史は古く、市内からは弥生時代中期の遺跡も発掘されています。そして、市内には寺社や史跡が散在するとともに、甚目寺観音での「節分会」や萱津神社での「香の物祭」、蜂須賀蓮華寺での「二十五菩薩来迎会」など伝統文化が数多く残されています。
 また、戦国時代に活躍した武将である蜂須賀小六正勝、福島正則をはじめ、7人もの大名を輩出した歴史のまちとしても知られています。

ページのお問い合わせ先

企画財政部 企画政策課 【本庁舎】
あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-1712 ファクス:052-444-0982
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る