現在のページ:  トップページ > 申請書ダウンロード > 公害防止各種届出

ここから本文です

公害防止各種届出

更新日 平成23年1月19日

騒音・振動施設の届出

生活環境を保全し、人の健康を保護する目的として、騒音規制法・振動規制法及び県民の生活環境の保全等に関する条例により、著しい騒音・振動を発生する施設を設置する工場又は事業場(特定施設等といいます)に対し騒音、振動の大きさの規制がされています。

また、これら騒音・振動規制対象施設を有する特定施設は、以下の各種届出が必要となっています。届出をしなかった場合には、罰則もあります。

設置の届出

提出書類

事由
新たに特定施設を設置する場合

時期
設置工事の30日前まで

使用の届出

提出書類

事由
規制対象でなかった施設が規制対象になった場合

時期
規制対象となった30日以内

施設の数等の変更

提出書類

事由
特定施設の数及び能力を増加させる場合

時期
変更に係る工事開始の30日前まで

(注)特定施設の数の変更は騒音規制法対象施設は2倍以上に増加した場合、振動規制対象施設は増加ごとに届出が必要です。
(例)施設数が3から5に増加した場合:騒音規制対象施設であれば届出必要なし。振動であれば必要。その他詳細は市民生活部 環境衛生課に問い合せてください。

施設の使用の方法の変更届出

提出書類

事由
操業時間の変更等、振動規制法施設に限る

時期
変更に係る工事開始の30日前まで

防止の方法の変更の届出

提出書類

事由
騒音・振動の防止方法を変更する場合。ただし、変更により騒音・振動が少なくなる場合は届出不要

時期
変更に係る工事開始の30日前まで

氏名の変更等の届出

提出書類

事由
届出者の氏名及び事業所の名称・住所に変更がある場

時期
変更した日から30日以内

施設使用全廃の届出

提出書類

事由
対象施設を全て廃止した場合

時期
廃止した日から30日以内

承継の届出

提出書類

事由
届出を行った者から対象施設の全てを譲り受け、借り受け又は相続等があった場合

時期
承継があった日から30日以内

県条例関係様式

悪臭の届出

悪臭防止法により、工場その他の事業場における事業活動に伴って発生したアンモニア、メチルメルカプタン等の特定悪臭物質の排出が規制されており、また、県民の生活環境の保全等に関する条例により、著しく悪臭物質を排出する施設を設置している者は、毎年4月に前年度分の排出状況の届出が必要です。届出をしなかった場合には、罰則もあります。

特定建設作業

騒音規制法・振動規制法及び県民の生活環境の保全等に関する条例により、建設工事として行われる作業のうち、著しい騒音・振動を発生させる作業を「特定建設作業」として騒音の大きさ、作業時間等に規制がされています。
特定建設作業を含む建設工事を施行しようとする者(元請け業者)は、作業開始から8日前までに届け出ることとされています。届出をしなかった場合には、罰則もあります。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード(無料)してください。

ページのお問い合わせ先

市民生活部 環境衛生課 【甚目寺庁舎】
あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3132 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る