現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者福祉

ここから本文です

高齢者福祉

更新日 平成26年5月22日

主な高齢者福祉サービス

もしものときの「あま市 安心カード」を作りませんか

 安心カードは、健康上不安のある高齢者の方々が、緊急連絡先や既往歴等の情報を書いておくためのカードです。
 このカードを外出時にバックや財布等に入れて携帯しておくと、万が一の際に救急活動がスムーズに行うことができ、便利で安心です。

 下記からダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

 また、安心カードは下記窓口や施設でも配布しています。

・地域包括支援センター(甚目寺庁舎) ・地域包括支援センター美和相談所(本庁舎) 
・地域包括支援センター七宝相談所(七宝庁舎) ・七宝総合福祉センター ・七宝保健センター 
・美和総合福祉センターすみれの里 ・美和保健センター ・甚目寺総合福祉会館 ・甚目寺老人福祉センター 
・人権ふれあいセンター ・本郷憩の家  ・森憩の家 ・新居屋憩の家

 

敬老の日事業

敬老の日にちなんで、敬老会を開催します。(市内在住75歳以上が対象)

敬老金支給事業

節目の歳(80歳、85歳、90歳、95歳)を迎えられる方にお祝い金を贈呈します。

長寿記念祝金

100歳を迎えられる方にお祝い金を贈呈します。

在宅老人短期保護事業

介護保険の認定を受けていない65歳以上の高齢者を介護している方が、疾病にかかる等の理由により、虚弱高齢者が居宅に一人きりになるなど日常生活を営むことに支障がある時に特別養護老人ホームなどに一時的に滞在していただけるサービスです。

日常生活用具給付事業

おおむね65歳以上のねたきりやひとり暮らしの高齢者であって、必要と認められる方に対して、電磁調理器、火災警報器などを給付します。(課税状況により利用者負担あり)

緊急通報システム事業

緊急時に迅速かつ適切な対応を図るために、おおむね65歳以上の虚弱な在宅ひとり暮らし高齢者およびひとり暮らしに準ずる世帯の高齢者に対して、緊急通報システム機器を設置します。

徘徊高齢者家族支援サービス事業

徘徊のおそれのある認知症の高齢者の方にあらかじめ専用端末機を身につけてもらい、その方が行方不明になったとき、家族の方に居場所をお知らせするサービスです。

医療費助成制度

後期高齢者福祉医療費助成については、「福祉医療」のページをご覧ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード(無料)してください。

ページのお問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 【甚目寺庁舎】
あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3141 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る