現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者福祉 > 緊急通報システム事業について

ここから本文です

緊急通報システム事業について

更新日 平成24年11月26日

あま市では、在宅のひとり暮らし老人及び身体障害者等を対象に、急病、事故等の緊急事態に対処し、日常生活上における不安を軽減し、円滑な救助を行い福祉の増進を図ることを目的とする、緊急通報システムの設置事業を行っています。

緊急通報システムの概要

緊急通報システムは、通報ボタンを押すと、「あんしんセンター」に繋がります。「あんしんセンター」では、看護師・相談員が24時間365日、緊急時の対応や体調に関する相談を受け付けています。

通報フロー

緊急通報システムの設置対象者

市内に住所を有する、おおむね65歳以上の虚弱な在宅ひとり暮らし老人等
※固定電話回線または携帯電話を所有していること、ご親族の方及びご近所の方に、緊急時駆けつけの依頼ができることを条件とします。

費用等

設置費用および機器の使用料は、市が負担します。
※通報・相談はフリーダイヤルで受け付けます。
※契約中の固定電話回線及び携帯電話回線の基本使用料・通話料はご自身にご負担していただきます。

ページのお問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 【甚目寺庁舎】
あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3141 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る