現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 保健 > 熱中症は予防をすれば防げます!

ここから本文です

熱中症は予防をすれば防げます!

更新日 平成29年6月13日

熱中症とは?

太陽

暑い環境の中で、身体の水分や塩分のバランスが崩れたりして、体温調節ができなくなり、身体から熱を放出できなくなることにより起こるいろいろな症状です。

どんな症状?どんな対応が必要?

重症度1. めまい・たちくらみ・筋肉のこむら返りなど
   ⇒ 水分・塩分を補給しましょう。(水分だけでなく塩分補給も大切)
重症度2. 頭痛・吐き気(吐く)・からだがだるい
   ⇒ 足を高くして休みましょう。水分・塩分を摂りましょう。自分で摂れない場合は病院へ!
重症度3. 意識がない・けいれん・呼びかけに反応がない・まっすぐに歩けない(走れない)高い体温
   ⇒ 水や氷で身体(首・わきの下・足の付け根など)を冷やしながら、救急車を呼びましょう。

どんな環境で起こる?

温度計

1.気温が高い 2.湿度が高い 3.風が弱い 4.日差しが強い

上記の条件をみたす日に発症しやすくなります。

どんな人が熱中症になりやすい?

熱中症になりやすい人は、以下の点が挙げられます。
・脱水状態にある人
・高齢者
・肥満の人
・過度の衣服を着ている人
・普段から運動をしていない人
・暑さに慣れていない人
・病気や体調の悪い人

家の中にいても熱中症は発生します!

「家の中にいれば安心」とは限りません。
室内でも熱中症を発症することがありますので、以下の点に注意しましょう。
 
・節電を意識するあまりに健康を害することのないように注意しましょう。
・気温や湿度の高い日は無理な節電をせず、扇風機やエアコンを使用しましょう。
・保冷剤や冷やしたタオルなども上手に使いましょう。

まずは予防が大切!

水分補給

熱中症にならないようにするために、以下の点を心掛けるようにしましょう。
 
・屋外では帽子や日傘を使用する。
・のどの渇きを感じなくてもこまめに飲む。
(スポーツドリンクや0.1~0.2%の食塩水もよい)
・日陰を利用する。
・こまめな休養をとる。
・通気性のよい吸湿・速乾性の衣服を着る。

熱中症に関する外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード(無料)してください。

ページのお問い合わせ先

市民生活部 健康推進課
あま市西今宿馬洗46番地
電話:052-443-0005 ファクス:052-443-5461
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る