現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 生活環境 > 上水道 > 上水道課からのお知らせ > 水道管の凍結にご注意ください

ここから本文です

水道管の凍結にご注意ください

更新日 平成29年11月8日

気温が氷点下になると、水道管の中の水が凍ったり、管が破裂することがあります。気温が下がりやすい場所に水道管がある場合は、十分な対策をお願いいたします。

凍結しやすい水道管

  • 屋外に露出(むき出し)になっている管
  • 日のあたらない場所にある管
  • 風当たりの強い場所にある管

一般家庭でできる凍結予防法

水道管の保護方法

市販の発泡ポリエチレン系保温チューブや布切れ、毛布などを給水管に巻きつけて保温してください。

メーターの保護方法

メーターボックスの中に、使い古しの布切れや発泡スチロールを入れ保温してください。

水道管が凍ってしまった場合

火災の危険がありますので、火気での解凍は行わないでください。
解凍するには蛇口を開けてから、凍結している部分にタオルなどを被せて、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。

※パッキンも凍結している場合、蛇口をひねった際にパッキンが破損し水を止めることができなくなることがありますので、無理に蛇口をひねらないようにしてください。
 また、
急に熱湯をかけると水道管が破裂したり、蛇口を傷めることがありますのでご注意ください。

凍結により水道管やメーターが破損してしまった場合

水道管が破裂してしまった場合

民地内の給水装置の破損は上水道課では対応できませんので、指定給水装置工事業者に修繕の依頼をしてください。(費用はお客様の負担です。)
破裂が原因で漏水した場合の水道使用料金もお客様負担になりますので、ご注意ください。
※破裂が軽微な場合は、布やテープ等をしっかりと巻きつけ応急措置をしてから、修繕の依頼をしてください。応急措置では対応できない場合は、止水栓(下図参照)を閉めることで水を止めることができます。
 

止水栓の場所
止水栓の場所(型式により止水栓の場所が異なります)

メーターが破損してしまった場合

凍結により水道メーターが破損してしまった場合は上水道課までお問い合わせください。
また、メーター付近の漏水で、漏れている場所が分からない場合も上水道課までお問い合わせください。

ページのお問い合わせ先

上下水道部 上水道課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7115 ファクス:052-441-7137
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る