現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > あま市が取り組む災害協定

ここから本文です

あま市が取り組む災害協定

更新日 平成28年8月1日

株式会社ゼンリンと「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結しました

株式会社ゼンリンと6市町村長(平成28年7月21日)
株式会社ゼンリンと6市町村長(平成28年7月21日)

 愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村は、災害時に地図製品等を活用し、災害時の必要な対応を円滑に遂行するために株式会社ゼンリンと協定を締結しました。
 この協定により、備蓄用として最新版の住宅地図と広域図の無償提供が受けられ、毎年新しいものに更新していただけます。

愛知県西尾張ブロック九市において災害対応に関する相互応援協定を締結しました

左からあま市長、愛西市長、稲沢市長、犬山市長、一宮市長、津島市長、江南市長、岩倉市長、弥富市長
左からあま市長、愛西市長、稲沢市長、犬山市長、一宮市長、津島市長、江南市長、岩倉市長、弥富市長

 愛知県西尾張ブロック九市(一宮市、津島市、犬山市、江南市、稲沢市、岩倉市、愛西市、弥富市、あま市)のいずれかの市において大規模な災害が発生し、被災した市独自では十分な応急措置が実施できない場合に、愛知県西尾張ブロック九市として、被災した市の応急対策及び復旧対策が円滑に遂行できるよう、被災市の要請に基づき応援するために協定を締結しました。(平成28年7月7日)
 協定の主な内容は、食料品及び生活必需品並びに資機材の提供、車両の提供、応急復旧活動等に必要な職員の派遣、ボランティアの斡旋、被災者の受入れなどです。

金岩区と美和保育園が一時避難所の使用に関する協定を締結しました

美和保育園理事長と金岩区長とあま市長(平成28年4月15日)
美和保育園理事長と金岩区長とあま市長(平成28年4月15日)

   この協定は、大地震及び津波時等の浸水が発生し、又は発生するおそれがある場合において金岩区が一時避難所として美和保育園の施設を使用することについてあま市長の立会いのもと締結されたものです。

津島警察署と災害時における活動拠点の提供に関する協定を締結しました

津島警察署副署長とあま市長(平成28年2月22日)
津島警察署副署長とあま市長(平成28年2月22日)

 津島警察署と「災害時における活動拠点の提供に関する協定書」を取り交わしました。
 この協定は、災害時に市の施設を警察官の臨時活動拠点として提供することで連携を密にし、必要な対応を円滑に遂行するために締結したものです。
 

新居屋区とひかり保育園が一時避難所の使用に関する協定を締結しました

新居屋区長とひかり保育園長とあま市長(平成28年1月18日)
新居屋区長とひかり保育園長とあま市長(平成28年1月18日)

   この協定は、大地震及び津波時等の浸水が発生し、又は発生するおそれがある場合において新居屋区が一時避難所としてひかり保育園の施設を使用することについてあま市長の立会いのもと締結されたものです。

宮城県宮城郡七ヶ浜町と災害時相互応援に関する協定を締結しました

七ヶ浜町長とあま市長(平成27年12月16日)
七ヶ浜町長とあま市長(平成27年12月16日)

 宮城県宮城郡七ヶ浜町と災害時に独自では十分な応急措置が実施できない場合における相互応援を円滑に遂行するために協定を締結しました。
 この協定締結式は、平成24年度からあま市より七ヶ浜町への職員派遣による災害復興支援を通してできた“縁”により実現いたしました。
 協定の主な内容は、食料、飲料水、生活必需品、車両、医薬品等の提供や救援、応急復旧に必要な職員の派遣など災害時における相互応援を狙いとしています。
 

あま市内関係郵便局(9郵便局)と災害支援協力に関する協定を締結しました

あま市内関係郵便局長とあま市長(平成27年7月30日)
あま市内関係郵便局長とあま市長(平成27年7月30日)

 あま市内の7郵便局及び市内の郵便物の配送業務を管理する津島郵便局及び蟹江郵便局を含めた9郵便局と災害時の必要な対応を円滑に遂行するために協定を締結しました。
 協定の主な内容は、緊急車両等としての車両の提供や物資集積場所等の提供、避難先リスト等の情報の相互提供、道路等の損傷状況の情報提供、郵便局ネットワークを活用した広報活動の実施など災害時における相互協力を狙いとしています。
 

海部東農業協同組合と「災害時における物資供給等に関する協定」を締結しました

大橋代表理事組合長とあま市長(平成26年12月9日)
大橋代表理事組合長とあま市長(平成26年12月9日)

 南海トラフ巨大地震の発生、異常気象による集中豪雨や巨大化する台風が危惧される中、大規模な災害が発生すれば生活救援物資の不足が予想されます。
 また、大規模な災害時では、ほとんどの公共施設が避難所として使用されることとなり、災害救援物資を受け入れる場所の不足が予想されることから、生活物資の供給と救援物資の受入場所を確保するため、海部東農業協同組合と協定を締結することになりました。

愛知県建築士事務所協会及び愛知建築士会とあま市を含む海部地域7市町村が「大規模地震時における避難所の応急危険度判定業務に関する協定」を締結しました

愛知県建築士事務所協会及び愛知建築士会と海部地域7市町村長(平成26年7月24日)
愛知県建築士事務所協会及び愛知建築士会と海部地域7市町村長(平成26年7月24日)

 大規模地震が発生した場合、避難所も損傷を受ける可能性があります。避難者を安全に受け入れるため、避難所の安全確認について愛知県建築士事務所及び愛知建築士会に属する民間判定士の協力をいただき、避難所の応急危険度判定を行っていただくこととなり、あま市を含む海部地域7市町村と大規模地震時における避難所の応急危険度判定業務に関する協定を締結しました。

北川紙器工業株式会社と「災害時における支援協力に関する協定」を締結しました

北川代表取締役社長とあま市長(平成25年11月18日)
北川代表取締役社長とあま市長(平成25年11月18日)

 災害時の長期避難生活において、避難者の健康管理が懸念されます。間仕切り及び簡易トイレ、更に災害時要援護者にはベットが必要になると考えられ、この度、段ボール製品を活用した資材を取り扱っている北川紙器工業株式会社とあま市との間で調達物資の支援協力協定を締結することになりました。

生活共同組合コープあいちと「災害支援協力に関する協定」を締結しました

コープあいちの皆様とあま市長(平成25年7月31日)
コープあいちの皆様とあま市長(平成25年7月31日)

 現在、この地域では、東海、東南海地震を始めとした巨大地震の発生が危惧されており、そうした巨大地震が発生すれば西日本一帯にかけて甚大な被害が発生し、ライフラインにも大規模な範囲で支障が出ます。
 そうした災害が発生した場合、食糧や生活物資の供給が著しく損なわれることが予想されることから、速やかな物資の調達を行うため、コープあいちと協定を締結することになりました。

五条高等学校、美和高等学校と「災害時における緊急避難場所等に関する協定」を締結しました

美和高等学校長とあま市長(平成25年7月29日)
美和高等学校長とあま市長(平成25年7月29日)

【平成25年7月29日】
 平成18年2月21日に旧美和町と、美和高等学校との間では、救援物資の受入所として、校舎の一部を提供していただく協定を締結されておりました。
 しかしながら、日本列島各地で、災害による大きな被害が出ており、一刻も早い避難が必要になることなどから、あま市内で地震・風水害その他の災害が発生、又は発生する恐れがある場合には、市民の皆様の生命を守るために、美和高等学校の指定する学校施設を、あま市の要請により、一時緊急避難場所と救援物資受入所を提供していただく、協定を締結することになりました。

【平成25年8月8日】
 今回、新たに五条高等学校とも一次緊急避難場所の提供をしていただくための協定を締結しました。

あま市が現在までに締結した災害協定一覧

 あま市では、これまでに様々な分野の事業者の皆様と各種災害協定を締結しております。これまでに締結した協定の一覧については、下記のファイルのとおりです。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード(無料)してください。

ページのお問い合わせ先

総務部 安全安心課 【本庁舎】
あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-0862 ファクス:052-441-8330
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る