現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 弾道ミサイル落下時の行動について

ここから本文です

弾道ミサイル落下時の行動について

更新日 平成29年4月27日

市民の皆様へ

北朝鮮の動向に伴う弾道ミサイルが発射された場合、日本に飛来する可能性があり、当地域に落下する可能性も捨てきれません。
弾道ミサイルが発射された場合は、政府は関係する地域の住民に対して全国瞬時警戒システム(Jアラート)を使用して情報伝達をいたします。
弾道ミサイル発射の情報が防災情報メール及び緊急速報メール(エリアメール)で流れたら、次の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

1 近くのできるだけ頑丈な建物に避難する。

2 近くに適当な建物がない場合は、物陰(ものかげ)に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

 できるだけ窓から離れ、できれば窓がない部屋に移動する。

その後、行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

 ※防災情報メールにつきましては、登録が必要ですので、次のリンクより登録をお願いします。 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード(無料)してください。

ページのお問い合わせ先

総務部 安全安心課 【本庁舎】
あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-0862 ファクス:052-441-8330
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る