現在のページ:  トップページ > 産業・ビジネス > 産業 > 平成23・24・25・26・27・28年度発信企業 > 中部美化企業株式会社

ここから本文です

中部美化企業株式会社

更新日 平成28年4月4日

あま市のスゴ技
簡易で便利
トップイメージ

開発は御用聞きから


分水栓と水門

国や県、市町村といった官公庁の受注工事で一翼を担う中部美化企業。今や全国各地に広がる躍進のあけぼのは、あるアイデア商品の誕生にあった。
昭和40年当時、用水路は土嚢や板切れで水量を調節することがほとんどだった。そこで創業者である笹野忠治さんは、用水路の取水口にフタを取り付け、その開閉によって自由に水量を変えられる「分水栓」を開発。樹脂を使った取水口は当時としては珍しく、取引先には「すぐ壊れるに決まっている」と一蹴されることもしばしばだったという。 ところが、受注した三重県の工事で品質の確かさが実証されると、徐々に全国へと波及、ついにはこの形が定着していった。
その後は、水と土木分野における良きアドバイザーであり一緒に考えるパートナーとして、設計段階から関わることも増え、アルファベット順でAシリーズから始まった自社製品はZまで達し、さらに一巡してしまうほどに、製品ラインナップを拡大していった。

新たな着眼を契機に

ネットショップのキャプチャ

しかし、波風が全く無かったわけではない。現場の社員から鋼製やステンレスを使った製品も加えていこうという話が持ち上がったのだ。樹脂メーカーとして一時代を築いたという自負もあり「安価でよい製品」を提供することにこだわっていた会長は、開発チームの提案に難色を示した。
「確かに鉄製品は今までにもありますが、昔のやり方じゃなくて、特性を生かして違う利点を生み出せたらと思ったんです」と言うのは開発部部長の伊藤孝博さん。自動車メーカーの下請けとして製造に関わってきた伊藤さんは、自動車設計の発想をヒントに樹脂と鋼製を取り入れた新しい製品の開発に着手した。
代表取締役の笹野泰広さんも言う。「他業種の発想に学ぶことで、より満足度の高い製品を作ることができるようになりました。この試みが、会社の新たな考え方につながってきましたし、社員の意識も変える大きなきっかけになったようです」。
そして、泰広さんが現在手掛けているのは、ネットショップだ。自社商品を関連商品と一緒に「情報として」発信する。「ニッチな商品だけに、“今までどこで買ったらいいか分からなかった”という個人の方にも見てもらえる。この情報発信のノウハウを糧にいずれは海外にも広がっていければと思っているんですよ」。
発想力と技術力、情報発信力の三つ巴で勝負する、新しい中部美化企業に、今後も目が離せない。


あま市企業チャンネル


企業のココに注目

笹野社長の写真

ほとんどが土の中、水の中で力を発揮する“縁の下の力持ち“的商品。「途切れず受注をして頂けているのが製品に対する評価なのかなと思います」(会長)


郡上八幡の川


郡上八幡・吉田川での案件は、明治時代の構造物を壊さずに水門を入れ替える難しいオーダー。 昔の水門作りから新しい着想を得た。


分水栓の写真


1970年に開発された分水栓。
利用される中で改良型が生み出されていく。


商品の写真


現場や予算に合わせて細かく要望に応えられるよう、バリエーションは多数。この柔軟さもウリの一つ。


表彰の写真


1978年には、分水栓考案の功績が認められ、愛知県知事より表彰。


PDセンターの写真


開発に関わるPDセンターに加え、試作品を作るTPセンターも新設。「どこにもない」自社製品の開発に力を入れている。


社内の写真


現在の本社は1992年に竣工。社長をはじめ古参社員は皆で大喜びしたとか。2013年には津島事業所を新設。商事部門の人員が拠点を移し、新たなスタートを切っている。


 

会社概要
中部美化企業株式会社

設立 : 1966(昭和41)年
代表者 : 代表取締役 笹野泰広
資本金 : 1,000万円
従業員数 : 44名
事業内容 : 土木資材の開発製造販売
所在地 : あま市七宝町沖之島安無97番地
URL : http://www.chububika.co.jp/
電話 : 052-444-4638
ファクス : 052-441-7891
 

大きな地図で見る

 

ページのお問い合わせ先

建設産業部 産業振興課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7114 ファクス:052-443-2571
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る