現在のページ:  トップページ > 産業・ビジネス > 産業 > 平成23・24・25・26・27・28年度発信企業 > 名古屋電機工業株式会社

ここから本文です

名古屋電機工業株式会社

更新日 平成27年4月20日

あま市のスゴ技
日本初の社会システムで安心・安全・快適を提供する道路情報のパイオニア
トップイメージ

日本全国に広がった道路情報システム

電光掲示板

 車で道路を走っていると必ず目にする情報案内板や気象センサー、情報装置。これらの製品の製造から情報提供システムまでを国や地方自治体に提供しているのが、篠田面徳に本社を置く名古屋電機工業株式会社だ。
 情報板が設置された当初(1966年)、その情報は、設置場所の近隣の家に電話して書き換えてもらうという実にアナログなものだったという。そのため、創業者が電話回線を使って(遠隔操作で)情報を流すというシステムを開発。これがタイムリーな情報の提供と管理業務の向上につながり、さらには東京オリンピックを控えて急激に発達した高速道路網の整備という波を受け、爆発的に全国へと広がった。当時は電球での文字情報を出すだけだった電光板も、今ではLED化に伴い、文字やイラストの入ったカラフルな画面に変わってきている。色弱の人には赤色が見えにくいため、色覚学会の協力で朱色が見やすいようバリアフリーも行った。
 常に新しい技術が求められる業界かと思いきや、意外とゆるやかに進歩しているのだとか。「官の事業における技術とは、新しければいいというものではありません。誰もが管理しやすく、不具合を起こさない、ということが第一。我々は、専業メーカーとして、これまで確立してきた技術の中で、少しずつ発展させていくスタイルで日々進化しています」と石井祐治さん。常に正確であること、不具合がないこと…これこそが誇るべき信頼の技術だ。自治体によっては、30~40年前に使っていた情報板を点検清掃してリユースしているとか。そういえば、1966年に大垣に設置された電光情報板も工場内で明るく点灯していた。「(求められている以上に)頑丈すぎますよね」と苦笑する石井さんだが、そこには自信と誇りがにじんでいた。

挑戦と挫折の繰り返しが新しい未来を創る

工場説明

 「創業者は、先見の明のある人で、常に“為せ成る”と言っていました」と語るのは、当時を知る中北洋さん。1971年には日本初のパーキングメーター、1975年には日本初の視覚障がい者用信号機など、次々と時代を変える機器を開発したのも、そこにある困りごとを形にした結果だとか。「ただ、時には先に走りすぎて…自動車のバックモニターシステムも土砂災害センサーも、だいぶ前に開発していたんですが…。早すぎましたね(笑)」。だが、それはこうとも言える。いろんな挑戦や失敗を繰り返しながら、次の一手を模索し、自社の技術を蓄積していたのだと。…会社の年譜には、「日本初」がいくつも並んでいる。そのスピリッツが常に息づいている証拠だ。
 2014年10月には、インドで交通渋滞の緩和を目的とした道路交通情報システムの実証実験をスタート。表示の半分を広告エリアにすることで、広告収入で収益を保守や設置費用にあてることが検討されるなど、日本とは少々違った情報板となるようだ。日本で確立し、信頼を得てきた技術が、世界に広がっていく。世界の道路が、もっと面白いことになりそうだ。


あま市企業チャンネル


企業のココに注目

七宝工場


昭和38年にあま市に地盤を構え、本社、美和工場、七宝工場を置く。社章も「七宝焼き」だ。


カメラアレイ式画像検査装置


プリント基板のはんだ不良や部品のズレ、異物を自動的に判別する検査装置。その中でトヨタテクニカルデベロプメント株式会社と共同開発したカメラアレイ式画像処理はトヨタ自動車より2012年技術開発賞を授与された。


路面冠水システム


あま市に設置されている路面冠水システム。アンダーパスに設置されたセンサー(感知器)が冠水を感知して自動的に注意喚起する。


パーキングメーター


現在ではお馴染みのパーキングメーター、視覚障がい者用信号機も日本初の技術。社会情勢によって、必要とされる技術をいち早く開発し続けてきた。


 

会社概要
名古屋電機工業株式会社

創業 : 1958(昭和33)年
代表者 : 代表取締役社長 干場敏明
資本金 : 1,133,565千円
従業員 : 393人(2014.3.31現在)
事業内容 : ITS(高度道路交通システム)の分野に関連した製品・システムの製造販売及びプリント基板検査装置の製造販売
所在地 : 愛知県あま市篠田面徳29-1
URL : http://www.nagoya-denki.co.jp/
電話 :052-443-1111
ファクス :052-443-2288
 

大きな地図で見る

 

ページのお問い合わせ先

建設産業部 産業振興課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7114 ファクス:052-443-2571
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る