現在のページ:  トップページ > 産業・ビジネス > 産業 > 労働 > 改正育児・介護休業法について

ここから本文です

改正育児・介護休業法について

更新日 平成24年6月8日

平成24年7月1日から改正育児・介護休業法が全面施行されます!!

育児・介護休業法は、平成21年6月に改正され、一部を除き、平成22年6月30日から施行されました。

ただし一部の規定は、常時100人以下の労働者を雇用する中小企業については平成24年7月1日から施行されます。

1 子育て期間中の働き方の見直し

  • 3歳未満の子を養育する労働者について、短時間勤務制度(1日6時間)を設けることを事業主の義務とし、労働者からの請求があったときの所定外労働免除を制度化する。
  • 子の看護休暇制度を拡充する(小学校就学前の子が、1人であれば年5日(現行どおり)、2人以上であれば年10日)。

2 父親も子育てができる働き方の実現

  • 父母がともに育児休業を取得する場合、1歳2か月(現行1歳) までの間に、1年間育児休業を取得可能とする(パパ・ママ育休プラス)。
  • 父親が出産後8週間以内に育児休業を取得した場合、再度、育児休業を取得可能とする。
  • 配偶者が専業主婦(夫)であれば育児休業の取得不可とすることができる制度を廃止する。
    ※ これらにあわせ、育児休業給付についても所要の改正

3 仕事と介護の両立支援

  • 介護のための短期の休暇制度を創設する(要介護状態の対象家族が、1人であれば年5日、2人以上であれば年10日)。

4 実効性の確保

  • 苦情処理・紛争解決の援助及び調停の仕組みを創設する。
  • 勧告に従わない場合の公表制度及び報告を求めた場合に報告をせず、又は虚偽の報告をした者に対する過料を創設する。
施行期日
平成22年6月30日(ただし、一部の規定は、常時100人以下の労働者を雇用する事業主については平成24年7月1日。)
4のうち、調停については平成22年4月1日、その他は平成21年9月30日。

育児・介護休業法などに関する相談について

愛知労働局雇用均等室
 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目3番1号 名古屋広小路ビルヂング
      電話 052-219-5509
      ファクス 052-220-0573
      相談時間 午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

ページのお問い合わせ先

建設産業部 産業振興課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7114 ファクス:052-443-2571
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る