ここから本文です

小松菜

更新日 平成26年2月21日

小松菜

いわれ

江戸時代に小松川(現東京都江戸川区)周辺で栽培されていたことから、小松菜と呼ばれるようになりました。
 

栽培の歴史

もち菜

江戸時代に小松川(現東京都江戸川区)周辺で盛んに栽培されるようになりました。その後、関東周辺を中心に広がり、やがて中部から関西へと全国で栽培されるようになります。尾張地域においては、昔から雑煮の食材として使われており、冬の代表的な野菜として、盛んに栽培されています。
 

主な栽培地区

栽培地区

特徴

こまっちゃんどら

旬は冬期で特に霜の降りる時期に栄養価が高く、葉肉も厚く軟らかくなり、甘みが増します。カロテン、ビタミンC、ミネラルが多く含まれています。小松菜を使用した和菓子である「こまっちゃんどら」「こまっちゃんおやき」に加え、JA海部東が主催した親子スイーツコンテストの最優秀賞「こまなっつパイ」が商品化されました。 地元ならではの贈り物として甚目寺地区の和菓子・洋菓子店で販売されています。
 

 

 

 

 

このコーナーは、あま市の特産・伝統野菜を広くみなさんに知っていただくことを目的とし、海部東部地区農業改良推進協議会監修のもと作成・編集を行っています。

ページのお問い合わせ先

建設産業部 産業振興課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7114 ファクス:052-443-2571
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る