ここから本文です

ほうれんそう

更新日 平成26年2月26日

ほうれんそう

いわれ

ほうれんそうの「ほうれん」は中国語でペルシャを意味し、西アジア、ペルシャ地方で最初に栽培されたのではないかと考えられています。日本には、世紀頃中国から伝わってきました。

栽培の歴史

ほうれんそう

明治中期から栽培が始まり、明治末期には尾張平野の木曽川沖積畑地を中心に、大治町、あま市などで産地が形成されました。近年では輸送網が充実し、近隣産地とともに発展してきました。

名古屋市という大消費地に隣接している恵まれた立地から栽培が盛んになりました。また、平成16年に結成された「大治町地産地消学校給食会」により、学校給食への定期的な提供も始まり、地産地消の取り組み等に活用されています。

主な栽培地区

栽培地区

特徴

ほうれんそう

露地栽培が中心で、濃緑で葉肉も厚く旬の味覚が味わえます。

ビタミンA、Cを始め鉄分やカルシウムが多く含まれる緑黄色野菜です。旬は10月~4月。

 

 

このコーナーは、あま市の特産・伝統野菜を広くみなさんに知っていただくことを目的とし、海部東部地区農業改良推進協議会監修のもと作成・編集を行っています。

ページのお問い合わせ先

建設産業部 産業振興課 【七宝庁舎】
あま市七宝町桂城之堀1番地
電話:052-441-7114 ファクス:052-443-2571
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る