現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 出産・子育て > あまでママになろう

ここから本文です

あまでママになろう

更新日 平成29年2月27日

あまでママ

あま市では、子育て世帯の皆さまに喜んでもらえるよう、子育てに関するサービスや助成に力を入れています。下記はサービスや助成の一部です。

子ども医療費助成

【子ども医療費助成】
小学生以下の子どもは、通院・入院ともに医療費が全額無料になります。中学生は、入院費全額無料・通院費の3分の2を助成します。
(詳しくは、左下「福祉医療」をクリックしてください。)

病児病後児保育

【病児・病後児保育事業】
保護者の就労等のために家庭で保育等ができない児童で、病気または病気の回復期にあり、集団での保育等が困難な児童を一時的にお預りする病児病後児保育室を、あま市民病院に設置しています。
(詳しくは、左下「病児・病後児保育」をクリックしてください。」

ふぁみさぽ

【ファミリー・サポート・センター事業】
育児の援助を受けたい人と行いたい人が会員になり、一時的に子どもを預けたり、送迎をしてもらえるサービス(有償)です。
(詳しくは、
左下「ファミリー・サポート・センター」をクリックしてください。)

妊婦

【妊婦健診事業】
14回の妊婦健診に加え、子宮(頚)がん検診(1回)、産後健診(1回)に対して、その費用を助成します。
(詳しくは、左下「母と子の健康」をクリックしてください。)

育児相談・訪問・教室

【育児相談・訪問・教室】
「こんにちは赤ちゃん訪問」、「離乳食教室」、「もぐもぐ歯っぴぃ教室」など、育児に関するご相談、ご自宅への訪問、教室の開催を幅広く行っています。
(詳しくは、左下「育児相談・訪問・教室」をクリックしてください。)

子育てサロン

【子育てサロン】
子育てに追われる親御さんに息ぬきをしてもらうため、子どもの「遊びスペース」・「飲食スペース」を用意しています。お弁当やおやつを持って遊びに来てください。
(詳しくは、左下「子育てサロン」をクリックしてください。)

つどいの広場

【つどいの広場】
主に乳幼児を持つ親御さんたちが、つどい、親しみやすく話やすい環境のなか、交流を深めていただく場を提供しています。専任の保育士が、ふれあい遊びや絵本の読み聞かせなどもやっています。また、子育て相談も随時行っていますので、お気軽にご相談ください。
(詳しくは、左下「つどいの広場」をクリックしてください。)

支援センター

【子育て支援センター】
就学前の乳幼児を持つ親御さんを対象に、専任の保育士が、伝承遊びや各種事業を行っています。また、保育園出張広場や、サークル支援も行います。子育てに関する相談も随時行っていますので、お気軽にご相談ください。
(詳しくは、左下「子育て支援センター」をクリックしてください。)

待機児童

【放課後児童対策】
保護者が労働などにより放課後、家庭にいない小学生児童に対し、放課後から夕方まで、適切で安全な遊び場と生活の場を提供しています。(有償)
(詳しくは、左下「放課後児童対策(児童クラブ・学童保育クラブ)」をクリックしてください。)

第3子無料

 【第三子保育料無料】
18歳未満の児童が3人以上いる世帯の3人目以降の児童であって、
3歳未満の児童を養育している世帯に対し、3人目以降の保育料を無料にしています。
(詳しくは子育て支援課 tel 052-444-3173までご連絡ください。)

 

インフルエンザ


【インフルエンザ予防接種助成】

中学生以下または65歳以上の方は1,000円でインフルエンザの予防接種を受けられます。(年間制限あり)
(詳しくは健康推進課 tel 052-444-1177にご連絡ください。)

ページのお問い合わせ先

企画財政部 企画政策課 【本庁舎】
あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-1712 ファクス:052-444-0982
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る