現在のページ:  トップページ > くらしの情報 > 届出と証明 > 公的個人認証サービス > 公的個人認証サービスを受けるには何が必要ですか?

ここから本文です

公的個人認証サービスを受けるには何が必要ですか?

更新日 平成27年11月4日

公的個人認証サービスを受けるには何が必要ですか?

回答

公的個人認証サービス受けるには次のものが必要になります。

  • 住民基本台帳カード
  • 運転免許証、日本国旅券(パスポート)など本人確認ができるもの
  • 手数料 500円
以上のものが必要になります。

運転免許証などの本人確認書類は、住所、氏名等が最新の状態であること。
顔写真付きの住民基本台帳カードの場合、本人確認書類はいりませんが、住民基本台帳カードの暗証番号を入力していただく必要があります。

住民基本台帳カードをお持ちでない方は下の「住民基本台帳カード取得について」のリンク先をご覧ください。
受付時間、受付場所については、下の「受付時間、受付場所について」をご覧ください。

 

公的個人認証サービスの交付申請受付は、平成27年12月22日(火)16時30分をもって終了します。

※ 既に電子証明書(公的個人認証)を受けられている方は有効期限内まで使用できます。

参照事項

電子申請などで使用するためインターネットに接続されたパソコンと、電子証明書を利用するICカードリーダライタが必要です。

手持ちのパソコンのOSによって、使用できるICカードリーダライタが異なる場合があります。

ページのお問い合わせ先

市民生活部 市民課 【甚目寺庁舎】
あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3167 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭へ戻る