【10月末まで期限を延長しました】「新しい生活様式」普及推進協力金について

ページ番号1006586  更新日 令和2年9月30日

印刷大きな文字で印刷

申請期限の延長について

感染拡大防止の取組を強化するため、10月30日まで申請期限を延長しました。

「新しい生活様式」普及推進協力金についての申請について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防と事業者の事業継続を下支えするため、国の提唱する「新しい生活様式」の普及啓発に協力し、感染拡大予防の具体的な取組を実践した市内中小企業者等を対象に、協力金を交付します。

交付対象となる取組

 次の2つの方法により「新しい生活様式」の普及啓発と感染拡大予防の取組を実践していることが必要です。

1 「新しい生活様式」の普及啓発(ポスター及びステッカーの掲示)

 市が配付する「新しい生活様式」に関するポスター及びステッカーを令和3年3月31日まで掲示すること。

2 感染拡大予防の取組の実践

 【別紙1】感染拡大予防取組確認表に示した、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の取組項目のうち、3つ以上の取り組みを実践すること。

交付額

 5万円(1事業者1回限り)
 あま市内に複数の施設・店舗を持つ事業者においても、申請は1回限りです。

交付対象者

 次のすべての要件を満たす方となります。

  1. 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者・個人事業主等であること。
  2. 令和2年3月31日以前より市内に施設・店舗を開設しており、営業実態が確認できること。(※1)
  3. 継続的に営業している固定施設・店舗を有し、不特定多数の顧客を対象に対面販売又は対面サービスを行っていること。(※2、3)
  4. 交付申請日又は交付決定日において倒産又は廃業をしていないこと。
  5. 申請書に記載されている誓約事項を誓約すること。
※1 本協力金において施設・店舗とは、不特定多数の顧客を対象に対面販売または対面サービスが行える事業所となります。そのため、インターネット等を用いた対面でない販売・サービスを行う営業形態は対象外です。
※2 本協力金において継続的に営業している固定施設・店舗とは、あま市内に常設された施設・店舗となります。そのため、移動販売やキッチンカー、イベント等での屋台等については対象外です。
※3 また、不特定多数の顧客を対象に対面販売又は対面サービスを行っているとは、屋号(社名や店舗名)を掲げ、不特定多数の顧客が訪れることができ、対面により商品販売またはサービスの提供が行われている、それらを行う場所・形態が整っていることとなります。

受付期間

 令和2年8月3日(月曜日)から令和2年10月30日(金曜日)まで
 ※10月30日(金曜日)までの消印有効です。

申請方法

 申請書類(8点)を専用ボックスに投函、または郵送により提出してください。

 なお、感染症拡大防止の観点から産業振興課窓口にて対面での相談・受付は行っておりません。

持参の場合

 申請書類を封筒に入れ、本庁舎・甚目寺庁舎・七宝公民館内に設置しております専用ボックスに投函して提出してください。
 提出する封筒には、【あま市「新しい生活様式」普及推進協力金申請書】と明記してください。
(土・日曜日を除く平日8時30分から17時15分まで)

郵送の場合

 申請書類を次の宛先に郵送してください。
 なお、郵送する場合は、簡易書留等郵便物が追跡できる方法にて郵送をしてください。
※10月30日(金曜日)までの消印有効

(宛先)
〒490-1292
あま市木田戌亥18番地1
あま市役所 あま市「新しい生活様式」普及推進協力金 事務局(産業振興課内) 宛

※切手を貼付の上、差出人の住所と氏名を必ずご記載ください。

申請先

あま市商工会の会員の方

 あま市商工会にて取りまとめを行っておりますので、あま市商工会を経由してあま市へ申請をしていただきます。

あま市商工会の会員以外の方

 あま市役所 あま市「新しい生活様式」普及推進協力金 事務局へ申請を行ってください。

申請に必要な書類(8点)

1 申請書 (1部)

 連絡先には日中連絡の取れる連絡先をご記入ください。

2 直近の所得税・法人税の確定申告書又は法令に基づく営業許可等【写し】  (あま市商工会の会員は不要です)

 税務署の受付印または電子申告の受信通知のあるものとし、受付印がない場合は、以下の申告書(写し)一式を提出してください。
【個人事業主】

  • 青色申告の場合「確定申告書B表第一表・第二表、青色申告書決算書」
  •  白色申告の場合「確定申告書B表第一表・第二表、収支内訳書」

【法人】

  • 法人税申告書の別表(全て)、法人事業概況説明書

【注意事項】

  • マイナンバーを黒く塗りつぶすなどして提出してください。
  • あま市新型コロナウイルス感染症対策協力金、あま市理美容事業者休業協力金の交付決定者は、交付決定通知の写しを本書類に代えることができます。
  • 確定申告を行っていない事業者については、よくあるご質問と回答(Q&A)3-1をご確認ください。
  • 上記以外にも書類を追加で求めることがあります。

3 営業実態が分かる外観及び内観写真(あま市商工会会員は不要です)

 施設・店舗の外観及び内観写真をそれぞれ複数の方向から撮影してください。

【注意事項】

  • あま市新型コロナウイルス感染症対策協力金、あま市理美容事業者休業協力金の交付者は、本書類を交付決定通知の写しに代えることができます。
  • 営業の実態が把握できない場合、上記以外にも書類を追加で求めることがあります。

4 「新しい生活様式」の感染拡大予防取組確認表

 【別紙1】感染拡大予防取組確認表により、実践している取り組みについて(必須取組項目を含め最低3つ以上)チェックをしてください。

5 「新しい生活様式」に取り組んでいることが分かる写真等 (2つ)(各複数枚)

  1. ポスター及びステッカーを掲示していることが分かる写真
  2. 【別紙1】感染拡大予防取組確認表のうち、「任意取組項目」でチェックした取組を1つ選び、その取組を実践していることが分かる写真等

(注意事項)

  • ポスターは店内に、ステッカーは店頭等の外から見える位置に貼ってください。後日、職員が確認を行うことがあります。
  • なお、あま市公式Webサイトから様式をダウンロードされた方については、ポスター及びステッカーの画像を紙で印刷し、仮掲示してください。仮掲示で申請された事業者には、交付決定と合わせてポスター及びステッカーを送付しますので、仮掲示したものと差替えてください。

6 本人確認書類【個人事業主の場合のみ】(あま市商工会会員は不要です)

 運転免許証、保険証、パスポート等の写し

7 振込先口座番号等が分かる書類(1部)

 通帳表紙裏見開きの写し※申請者と同一名義の口座
(銀行名、支店名、口座番号、口座名義人が分かるようにしてください。)

8 チェックリスト

 不備の無いように申請前に必ずチェックをしてください。

交付決定

 申請書類を受理した後、その内容を審査の上、適当と認めらた場合、申請者に対して交付決定した旨を通知するとともに、指定口座に協力金を振り込みます。

その他

 交付決定事業者が有する施設・店舗にステッカー及びポスターの掲示が無く、普及推進に協力が得られていないと認められた場合、または虚偽の申請、その他不正な手段により協力金の交付を受けた場合は、協力金を返還しなければなりません。

お問い合わせ先

あま市「新しい生活様式」普及推進協力金事務局(産業振興課内)

電話番号:052-444-1001(代表)

対応時間:平日8時30分から17時15分まで

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設産業部 産業振興課 【本庁舎】

あま市木田戌亥18番地1
電話:052-441-7114 ファクス:052-441-8387
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。