新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少などに係る介護保険料の減免について

ページ番号1006620  更新日 令和2年7月14日

印刷大きな文字で印刷

第1号被保険者の介護保険料の減免

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる第1号被保険者の介護保険料を減免します。

保険料の減免の対象となる方

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号被保険者

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれ、次の(1)(2)の両方に該当する第1号被保険者
(1) 事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれか)の収入額が、前年と比べて30%以上減少する見込みであること
(2) (1)の収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が、400万円以下であること

減免対象となる介護保険料

令和元年度分及び令和2年度分の保険料のうち、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限(特別徴収の場合には、その特別徴収対象年金給付の支払月)が設定されているもの

※加入手続きが遅れたことにより、当該期間中に納期限が設定された保険料に、令和2年1月以前分の保険料が含まれている場合は、その額を除いた額となります。

保険料の減免額

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号被保険者

減免対象となる介護保険料の全額を免除します

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる第1号被保険者

減免対象となる介護保険料の一部を免除します

減額される金額の算出方法

「減免対象保険料額(A×B÷C)」×「減免の割合(D)」

減免対象保険料額

A:当該第1号被保険者の保険料額

B:主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る前年の所得額

C:主たる生計維持者の前年の合計所得金額

減免の割合(D)

主たる生計維持者の前年の合計所得金額が、

 200万円以下の場合 全部

 200万円を超える場合 80%

※事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部を免除します。

申請について

減免の対象となる見込みがある場合は、介護保険料減免申請書及び次の関係書類の提出が必要です。

提出書類

・介護保険料減免申請書
・減免申請チェックリスト
・次の1または2に該当することが確認できる書類

1 新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号被保険者

・医師による診断書、保健所などから交付された措置入院の勧告書など、新型コロナウイルス感染症に罹患し、1カ月以上の治療を有することが確認できる書類

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まる第1号被保険者

・新型コロナウイルス感染症の影響による減免に係る収入見込申立書
・事業収入等申告書
・昨年分と今年分の比較ができるよう、現時点で事業収入等が確定している期間の売上などがわかる帳簿などの書類、給与明細書、源泉徴収票、確定申告書の写しなど

提出場所

高齢福祉課(甚目寺庁舎)
美和市民サービスセンター(本庁舎)
七宝市民サービスセンター(七宝公民館)

申請期限

令和3年3月31日(水曜日)

その他

同一世帯内に国民健康保険または後期高齢者医療保険の被保険者がみえる場合は、国民健康保険税または後期高齢者医療保険料の減免に該当する場合がありますので、下記ページをご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課 【甚目寺庁舎】

あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3141 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。