太陽光発電設備の発電量・二酸化炭素排出量削減について

ページ番号1006384  更新日 令和2年4月15日

印刷大きな文字で印刷

あま市民病院では太陽光発電設備により発電された電力を日常的に使用し、二酸化炭素排出削減に取り組んでいます。また、災害時に市民病院は隣接する災害時避難所(総合福祉会館や総合体育館)とともに、あま市の重要な施設となることから、自家発電設備により電力を確保するほか、電力確保の多重化の一環として太陽光発電設備を設置しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 健康推進課

あま市西今宿馬洗46番地
電話:052-443-0005 ファクス:052-443-5461
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。