熱中症予防について

ページ番号1002130  更新日 令和3年1月28日

印刷大きな文字で印刷

愛知県熱中症警戒アラートの発令について

愛知県より、県民に熱中症に対する注意を喚起し、熱中症予防行動を促すため、気象条件から特に熱中症に対する警戒が必要と考えられる場合、独自に警戒アラートを発令することとされています。

そのため、愛知県熱中症警戒アラートが発令されていり場合は、「愛知県熱中症警戒アラート発表時の予防行動」に取り組んでください。

1、気温・湿度・暑さ指数を確認しましょう(愛知県、環境省や気象庁のホームページなど)

2、熱中症リスクの高い方に声かけをしましょう(高齢者、子ども、障がい者など)

3、外での運動や活動は中止/延期をしましょう(エアコン等が設置されていない屋内外での運動や活動等は、原則、中止や延期をする)

4、「熱中症予防行動」を普段以上に実践しましょう(環境省、厚生労働省が示している「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを心掛ける。)

  ・暑さを避けましょう

  ・適宜マスクをはずしましょう

  ・こまめに水分補給しましょう

熱中症とは?

マスク

熱中症は、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かくなり、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状をひきおこします。

 

「マスク熱中症」について

現在新型コロナウィルス感染防止の為、外出する際はマスクをすることが多くなっています。

マスクをしていることから、体内に熱がこもりやすくなり熱中症の危険性が高まってしまいます。また、マスクをしているとマスク内部の湿度が上がり、喉の渇きを自覚しづらく知らぬ間に脱水症状が加速してしまうため重度の熱中症となる恐れがあります。

普段よりも熱中症のリスクが高いことを意識しましょう。

症状と対応方法

熱中症重症度

熱中症の予防法

  • こまめな水分補給をする
  • からだを冷やす(シャワーや保冷剤、通気性の良い服を着用)
  • 暑さをさける(外出時には、日傘や帽子の着用)
  • こまめに休憩する
  • 扇風機やエアコンで温度調整をする

こんな日は、熱中症に注意!!

・急に暑くなった日

・気温が高い、湿度が高い、風が弱い。

・暑さに慣れていない(高齢者・乳幼児)

・持病のある人、肥満ぎみの人

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!(出展:環境省、厚生労働省)

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

リーフレット

熱中症に関する外部リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 健康推進課

あま市西今宿馬洗46番地
電話:052-443-0005 ファクス:052-443-5461
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。