特定健診・特定保健指導等

ページ番号1002013  更新日 令和2年5月27日

印刷大きな文字で印刷

集団健診(検診)中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本年度に予定しておりました「集団健診(検診)」(保健センターで受ける特定健診およびがん検診など)につきましては、全日程とも中止を決定いたしました。

 集団健診(検診)を予定されていた方には大変申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 なお、指定医療機関で受ける「個別健診(検診)」は予定通り実施いたします。

 ただし、国及び愛知県の緊急事態宣言発令期間中は健診(検診)を行いませんのでご注意ください。

特定健診・特定保健指導について

年々増加している糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病を早期に発見し、自覚症状のない段階から生活習慣の改善をしていただくために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診及び特定保健指導を実施しています。

 

特定健診

対象者

40歳上のあま市国民健康保険加入者(4月1日時点の対象者には案内を送付します。)
※4月2日以降にあま市国民健康保険に加入され特定健診の受診を希望される方は、保険医療課へ連絡が必要

 

実施期間

6月から10月まで

 

実施場所

海部地区・津島市指定医療機関

※今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、「保健センターで受ける集団健診」は中止となりました。

 

検査項目

問診、身体計測、診察、尿検査、血圧測定、血液検査(血糖、血中脂質、貧血、肝機能、腎機能)心電図、※実施基準に該当された方のみ眼底検査

 

自己負担金

無料

 

受診方法

※今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため「保健センターで受ける集団健診」は中止となりました。

「指定医療機関で受ける個別健診」においては、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言中は行いません。

 

指定医療機関で受ける個別健診

※令和2年度は中止 

保健センターで受ける集団健診

申込み先

予約の有無については直接受診される医療機関へお尋ねください

 

※指定医療機関一覧については5月に送付する案内でご確認ください

完全予約制

 

 

※実施日については5月に送付する案内でご確認ください

健診期間

6月から10月まで

7月から10月までの指定日

 

持ち物

・特定健康診査受診券(5月に送付)

・保険証

 

※がん検診を受診される場合は「がん検診受診券」と「検診料」が必要

・特定健康診査受診券(5月に送付)

・保険証

 

※がん検診を受診される場合は「がん検診受診券」と「検診料」が必要

結果返却

直接医療機関より返却 原則、結果説明会で返却(都合が悪い場合は郵送します)

 

職場健診・人間ドックを受けられた方へ

4月以降に職場健診や人間ドックで健診を受けられた方は、健診結果の提出にご協力ください。提出いただいた健診結果から健康教室および特定保健指導のご案内をさせて頂きます。

 

 

特定保健指導

対象者

腹囲やBMIの値が一定の基準を超える方に対して、追加リスクの多少と喫煙歴の有無により対象者が選定されます。対象者には特定保健指導への勧奨案内を送付します。

(1)腹囲・BMI 

追加リスク(※)

(2)血糖 (3)脂質 (4)血圧

(5)喫煙歴 特定保健指導の区分

 

 

 

40~64歳

65~74歳

男性85cm以上

女性90cm以上

2つ以上該当 

積極的支援

動機づけ支援

1つ該当

あり

なし

動機づけ支援

上記以外で

BMI 25以上

3つ該当

積極的支援

動機づけ支援

2つ該当

あり

1つ該当

なし

動機づけ支援

 <※追加リスク>

(2)血糖…HbA1c 5.6%以上

(3)脂質…中性脂肪150mg/dl以上又はHDLコレステロール40mg/dl未満

(4)血圧…収縮期130mmHg以上又は拡張期85mmHg以上

 

内容

特定保健指導はリスクの程度に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」に分かれ、健康づくりの支援を受けていただけます。

特定保健指導の区分

内        容

動機付け支援 メタボの兆しが見られる方へ、保健師や管理栄養士などから生活習慣の振り返りと改善点の提案や目標に向けた取り組み支援を約3カ月~6カ月行い、その後の改善を確認します。支援方法は、グループ支援(1回の教室)または個別支援のどちらかを選択いただけます。
積極的支援 メタボのリスクが高い方へ、保健師や管理栄養士などから生活習慣の振り返りと改善点の提案や目標に向けた取り組み支援を3カ月以上継続的に行い、その後の改善を確認します。支援方法は、グループ支援(2回の教室)または個別支援のどちらかを選択いただけます。

 

自己負担金

無料

 

国保三十歳代健診(プチ人間ドック)

あま市では35歳以降から糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の発症が増加傾向にあります。 生活習慣病発症前の段階であるメタボリック症候群の発症リスクを早期に発見し、生活習慣の改善により発症と重症化を抑制するため、「国保三十歳代健診」を実施しています。

 

対象者

36歳から39歳のあま市国民健康保険加入者(対象者には案内を送付します。)

 

実施日

年1回実施(例年10月)

 

実施場所

甚目寺保健センター

 

検査項目

問診、身体計測、診察、尿検査、血圧測定、血液検査(血糖、血中脂質、貧血、肝機能、腎機能)、心電図、胸部X線

 

自己負担金

1,000円

 

あま市国民健康保険保健事業実施計画書

目的

あま市国民健康保険の被保険者の健康の保持増進に向け、総合的かつ効果的に保健事業を推進するため計画する。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 保険医療課 【甚目寺庁舎】

あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3168 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。