子どものマスク着用について

ページ番号1006736  更新日 令和2年9月1日

印刷大きな文字で印刷

乳幼児のマスクの着用にはご注意を!

 厚生労働省より、乳幼児(小学校に上がる前の年齢)のマスクの着用には注意が必要であるとされております。

 特に、2歳未満のお子さんについては、息苦しさや体調不良を訴えることや自分で外すことが困難であることから、窒息や熱中症のリスクが高まるため、着用が推奨されておりません。

 2歳以上の場合でも、マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調等に十分注意した上での着用をお願いします。本人の調子が悪いときや持続的なマスクの着用が難しい場合は、適切な着用を行わないと効果が十分に発揮されないこともあり、無理に着用させる必要はありません。(WHOは5歳以下の子どものマスク着用は必ずしも必要ないとしています。)

 そのため、乳幼児の感染予防として、保護者の方とともに、手洗いうがいや人との距離の確保、3つの密を避けるなどの基本的な感染防止策に取り組んでくださるようお願いします。

手洗いアマビエ

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 健康推進課

あま市西今宿馬洗46番地
電話:052-443-0005 ファクス:052-443-5461
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。