わが家の耐震性をチェック!

ページ番号1002503  更新日 平成30年3月12日

印刷大きな文字で印刷

簡易耐震診断票により在来木造住宅の耐震性の自己診断ができます。
また、耐震性に不安のある方に無料で市から専門家を派遣し診断を受けることができます。

対象となる建築物

昭和56年5月31日以前に建築された在来軸組構法及び伝統構法の木造住宅(一戸建て、長屋、共同住宅で貸家を含みます。)
(注)3階建て以上、プレハブ、ツーバイフォー、鉄骨、鉄筋コンクリート造は対象外

無料耐震診断申込方法

耐震診断の申込書は、本庁舎の都市計画課または各庁舎市民サービスセンター窓口で配布しています。氏名、住所、連絡先、建築年月日等を記入していただき、配布窓口かファクスにて提出してください。

自己簡易診断

(注)木造住宅の専門家耐震診断(無料)実施の連絡は、必ず市又は市から派遣する耐震診断員が行います。

平成7年の阪神・淡路大震災おいて昭和56年以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に大きな被害がでました。地震で命を失わないためには、わが家の耐震性を知り、必要な備えをすることが大切です。
愛知県では予想される東海地震から県民の生命の安全確保を図るため、県と市町村が協力して住宅の耐震診断事業を進めています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設産業部 都市計画課 【本庁舎】

あま市木田戌亥18番地1
電話:052-441-7112 ファクス:052-441-8387
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。