ハンセン病問題に関する学習会 市民人権講座(終了しました)

ページ番号1007432  更新日 令和3年6月30日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 催し

ハンセン病問題に関する学習会

 本市では、ハンセン病患者に対する献身的な医療活動や人権擁護など尽力された故小笠原登氏(旧甚目寺町名誉町民)を称えるとともに、「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」(6月22日)を記念して、市民等にハンセン病問題の正しい認識と理解を普及することを目的とし、下記のとおり開催します。

ハンセン病問題に関する学習会6月22日(火曜日)に開催します。

開催日

令和3年6月22日(火曜日)

開催時間

午後2時から午後3時30分終了予定
受付は午後1時30分からとなります。

開催場所

あま市人権ふれあいセンター3階多目的室
あま市西今宿平割二32番地
電話052-444-5393

内容

内容 ハンセン病回復者として地域で生きる

講師 ハンセン病回復者(ハンセン病関西退所者告団いちょうの会事務局長)

申込み

申し込み不要です。

募集人数

70名(参加費無料)

その他

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては

中止とさせていただきます。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 人権推進課 【本庁舎】

あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-0398 ファクス:052-441-8330
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。