新型コロナウイルスに関連した障害福祉サービス等事業所の対応について

ページ番号1006374  更新日 令和2年4月26日

印刷大きな文字で印刷

障害福祉サービス等事業者の皆様へ

令和2年4月10日に新型コロナウイルス感染症愛知県緊急事態宣言が発出されました。愛知県における障害福祉サービス等事業所については、緊急事態措置の期間中(5月6日水曜日まで)も事業の継続を要請されています。

事業の継続にあたっては、厚生労働省の「緊急事態宣言後の障害福祉サービス等事業所の対応について」を参考に次の事項に留意のうえ、適切な対応をお願いします。

・感染防止対策を行った上で、原則として、障害福祉サービス等の事業を継続すること。
・利用者の状況や家族の状況を踏まえ、感染拡大防止のための対応を検討したうえで、利用者に対する支援を提供すること。
・地域で感染が著しく拡大している場合で、事業所での通所サービスの提供を縮小して実施することも困難なときは、休業を検討していただく必要がありますが、特に支援が必要な利用者に対しては代替サービスの確保についても併せて検討すること。

 

新型コロナウイルスに係る障害福祉サービスの在宅支援について

就労移行支援、就労継続支援における在宅利用について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、就労移行支援事業所や就労継続支援事業所の在宅でのサービス利用が増加することが見込まれます。

在宅利用を実施される場合は、別添の書類をあま市役所社会福祉課へ提出してください。提出された書類をもとに利用決定の判断をします。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から事業所を休業する場合であって在宅で訓練などの支援を提供する場合は別添の休業届も併せて提出してください。

※今回の取扱いは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための一時的なものとなります。

 

 

 

 

障害児通所サービスにおける在宅支援について

児童が新型コロナウイルス感染症防止を理由として事業所を欠席する場合において、児童の居宅等において支援を行う場合は、別添の書類を速やかにあま市役所社会福祉課へ提出してください。また、支援を行った月ごとに、その翌月までに支援内容を記載した記録(任意様式)を同窓口に提出してください。

※今回の取扱いは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための一時的なものとなります。

その他の障害福祉サービスの在宅利用について

その他居宅において障害福祉サービスを利用する場合は、別添の書類を速やかにあま市役所社会福祉課へ提出してください。また、支援を行った月ごとに、その翌月までに支援内容を記載した記録(任意様式)を同窓口に提出してください。
内容によっては認められないことがあります。

※今回の取扱いは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための一時的なものとなります。

小学校等の臨時休業に関連した放課後等デイサービス事業費の請求について

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 社会福祉課 【甚目寺庁舎】

あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3135 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。