3きり運動

ページ番号1005307  更新日 平成31年2月6日

印刷大きな文字で印刷

3きり運動とは

 家庭から出るごみのなかで最も多いのが「生ごみ」で、その約4割が食べ残しや手をつけていない食料品といった、いわゆる「食品ロス」と呼ばれるものです。

 そこであま市では、生ごみの減量施策として「生ごみ3きり運動」を推進してまいります。生ごみの「3きり」の取組みである「使いきり」、「食べきり」、「水きり」にご協力をお願いします。 

使いきり

・食材は余分なものを買わない。

・買い物に出かける時に、冷蔵庫の中などを確認する。

・余ったおかずはアレンジして使い切りましょう。

食べきり

・食べきれる分だけ作る。

・食べきれなかったときは、冷蔵・冷凍保存して早めに食べきりましょう。

水きり

 生ごみの約80%は水分であるため、水きりをすることで生ごみを減らすことができます。

・ネットなどに入れて水きりをする。

・茶殻、コーヒーかす、果物の皮などは一晩おいて乾燥させてから可燃ごみとして出しましょう。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 環境衛生課 【甚目寺庁舎】

あま市甚目寺二伴田76番地
電話:052-444-3132 ファクス:052-443-3555
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。