市長あいさつ(1月)

ページ番号1000768  更新日 平成30年3月12日

印刷大きな文字で印刷

あま市長 村上浩司の写真

新年あけましておめでとうございます。
市民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えになられたことと心よりお慶び申し上げます。
昨年は、あま市商工会やあま市観光協会の発足、あま市総合型地域スポーツクラブが設立されるなど、これからのあま市の発展に大いに寄与する「民」の力が結集した年でありました。活気あふれるまちづくりの担い手として発展されますことを心から期待するものであります。
あま市では「パートナーシップによるまちづくり」を推進しておりますが、昨年夏の「あまつり」が多くの市民参画により成功裏に開催されるなど、まさに協働の「芽」が、市民生活のいろいろな場面で確実に成長しておりますことは、大変頼もしく、また嬉しく思っております。今年もさらに、「協働のまちづくり」の輪が広がるよう、さまざまな活動主体と共に取り組んでまいりたいと思っております。
また、安全安心の面では、台風や豪雨、地震等への備えを進める中、あま市を始め海部地域7市町村の共同の取組みでコミュニティFM「エフエムななみ」が開局し、災害発生時にはいち早く市民の皆様に避難情報や災害情報をお伝えできるようになりました。市民の皆様には、地域に根ざした情報を得る手段として、日頃より積極的に活用いただきたいと思います。
福祉健康の面では、新あま市民病院の建設工事がいよいよ着工いたしました。良質な医療を継続的かつ安定的に提供し、市民の皆様が健康で安心して毎日の生活が送れるようにすることが市民病院の役割・使命であると考えています。災害に強い、安全安心な病院を地域医療の中核病院として、平成27年度の開院を目指し、整備を進めてまいります。
先の震災以降、「自助・共助・公助」の考え方が浸透してまいりました。市民お一人おひとりが主体的にまちづくりに参加、さらには参画していただけるよう、行政がその環境・仕組みづくりをさらに進め、個人(自助)、地域組織・市民活動団体・事業者(共助)、行政(公助)がそれぞれの責任と役割のもと互いに協力関係を築き、地域の絆を高めてまいりたいと考えています。
結びに、新年が皆様にとりまして健康で幸多き年となりますようご祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。
 
                                    平成26年1月
                           あま市長 村上 浩司
 

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 人事秘書課 【本庁舎】

あま市木田戌亥18番地1
電話:052-444-1713 ファクス:052-444-1351
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。